日比谷高校

【2018年度版】100倍楽しめる!日比谷高校の文化祭の回り方を卒業生が解説!

「日比谷高校の文化祭に行きたいけど何を見たらいいかわからない!」
 
「受験に役立つ情報は手に入るの?」
 
「日比谷高校の文化祭ってそもそも何やってるの?」
 
そんな疑問を持っている方のために、この記事では、日比谷高校の卒業生が、2018年星陵祭の見どころや内容についてご紹介します。
 
受験生が見ておくべきポイントもまとめましたので、ぜひそちらも読んでいってください!

日比谷高校の文化祭「星陵祭」の特徴・見どころを紹介!

全クラスによる劇が一番の見どころ!

 
日比谷高校の文化祭「星陵祭」の最大の特徴は何と言っても、全クラスが劇を出し物にするという点です。
 
全クラス劇って、楽しくなくない?と思うかもしれませんが、そんなことはありません!
 
見に来る人も、劇をやる生徒も、存分に文化祭を楽しむことができます。星陵祭には、見に来る人を飽きさせない工夫がたくさん仕掛けられています。あなたもきっと好きな劇が見つかるでしょう!
 
また、どうしても劇が好きでない人でも、部活ごとの出し物や展示がありますので、そちらを楽しむこともできます。

どうやって劇を見るの?

星陵祭での劇は全てチケット制で、チケット(無料)がないと入ることができません。
 
ではどうやってチケットを手に入れるのでしょうか?
学校に入るとすぐに、チケットの配布所があります。この配布所でもらったチケットを持ってクラスの劇を見に行くことになります。
 
この配布所では、列に並んで、一度につき一枚のチケットを受け取ることができます。
 
複数枚のチケットをもらうためには、また並び直す必要があるということです。
 
このような制度で、チケットがすぐに売り切れ流のを防いではいるのですが、それでも3年生の劇は開場早々に売り切れてしまいますので、3年生の劇で見たいものは、早めに確保しておくことをおすすめします。
 
また、3年生ともなると、1年生の頃から劇のノウハウが蓄積されているので、とてもクオリティが高い劇を作り上げます。
 
来場した際には、1年生と3年生の劇を見比べてみて、3年間でどれほど成長するものなのか、確認してみるのも面白いかもしれません。

劇以外の見どころは?

星陵祭のメインは、全クラスによる演劇ですが、それ以外にも見どころはあります。
軽音楽部によるバンドの演奏や、男子バスケットボール部による招待試合、ダンス部によるダンス発表など、部活動ごとの出し物も盛んです。
 
星陵祭は2日間にわたって行われます。
1日目も2日目も来場者数にそこまでの差は見受けられないので、どちらの日に来てもいいと思います。
 
劇以外の見どころは、劇のCM(予告編)の放映会です。ここでは、各クラスが演じる劇の予告編を映像でみることができます。各クラス、ハリウッド並のクオリティで、予告編だけで楽しめちゃいます!

何を見たらいいの?

もしあなたが、星陵祭を訪れるつもりで、見たい劇が決まっていないなら、やはり3年生による劇をお勧めします。
 
3年生の劇は、例年とてもクオリティが高いです。
 
演技だけでなく、舞台、背景、小道具、衣装、その他観客に楽しんでもらうための仕掛けの一つ一つに手が込んでいることが多いです。
 
ただ、注意点もあります。というのは、3年生の劇は例年ミュージカルが多いのですが、実はミュージカルには当たり外れが大きいのです。
 
キャスト(役者)の歌のうまさによって、クオリティに差が出てしまうためです。
 
その点、ミュージカルではない演劇ならば、見にいってがっかりするリスクは低いと言えます。
 
とはいえ、ミュージカルで、とてもクオリティの高い劇を行うクラスもありますので、最終的にはあなたの好みで選ぶのがいいと思います。
 
また、どうしても決められない方は、劇の予告編の放映会(詳しくは前述)を見て決めるのもいいと思います。
 
 

100倍星陵祭を楽しむ!星陵祭の裏情報

購買に行くならお早めに!

毎年、星陵祭の時には校内に購買が設置されます。購買では、おにぎりやお茶、お菓子といった食べ物や飲み物を買うことができます。
 
しかし、購買で売っているものは、お昼に人が殺到して、昼過ぎには品切れになってしまいますので、少し早めに買うことをおすすめします。
 

チケットを逃さないためには、開場何分前から並ぶのがベスト?

2018年の星陵祭は、朝8時半から整理券配布が始まります。
 
そのため、その30分ほど前に並ぶようにしていると、三年生の劇も整理券を撮れる確率が高くなります。
 
結論としては、朝8時に着くのがベターだと思います。
 
例年、開場時間はギリギリまで未定であることが多いので、整理券配布の時間に合わせて到着するようにするのがいいとおもいます。

劇は何公演目をみるのがおすすめ?

圧倒的に最終公演をおすすめします
 
実は、星陵祭当日の一週間前まで試験がある関係で、大体のクラスが、星陵祭の準備は本当にギリギリなのです。
 
その結果、第1公演はリハーサルなしでぶっつけ本番で演じたりすることもあります。
 
そこから公演を重ねていくにつれて、演技だけでなく、照明や音響とのタイミングが噛み合ってきたり、舞台転換が早くなったりと、クオリティが上がっていきます。
 
第1公演と、その日の最終公演では全く別物の劇になっていると行っていいくらいです。
そのため、二日目の最終公演が一番いい状態で劇を見れるのですね。
 
しかし、最終公演をおすすめする理由はそれだけではありません。最終公演は、キャストの気合が他の公演とは全く違ったものになります。僕もキャストをやっていたことがあるのでわかります。
 
今まで何ヶ月もかけて練習してきたものが、この公演で終わる、終わってしまうという思いが、絶対に最終公演を成功させるぞという気持ちにさせます。
 
この熱気は、最終公演に足を運んで見ていただけたら、自然と伝わってくると思います。
 
そうした気持ちに、見ている方も、思わず込み上げてくるものがあります。ほんとにほんとに、最終公演を見て欲しいと思います。つい熱くなってしまいましたね、すみません
 

同じ劇でも違うキャストバージョンが見れる!?

劇によっては、ダブルキャストを採用しているクラスもあります。そのため、違うバージョンのキャストを見ることができます。
 
どういうことか?
 
例えば、お姫様役の役者AさんとBさんを用意して、第1公演から第四公演はAさんが、第五公演から最終公演まではBさんが演じる、と行った形に役割を振り分けます。
 
このように、同じ配役に二人の役者をつけることを、ダブルキャストと呼びます。
 
これによって、第何公演を見るかによって違うキャストによる劇が見れる、ということになります。
 
見たい劇のクラスの人に声をかけて、ダブルキャストかどうか、ダブルキャストならどちらの役者を見るのがおすすめか、など聞くと案外教えてくれます。
 
これを聞くことで、よりクオリティの高い劇を見ることができます。
 
特にミュージカルだと、片方の役者は歌が上手いけど、もう片方はうーん・・・という場合は非常に多いですので、あらかじめリサーチしておくといいでしょう。

日比谷高校を受験するつもりならここもチェック!

 
もしあなたが、将来日比谷高校を受験するつもりの学生、またはその保護者の方なら、星陵祭は進路選択をする上で有意義なイベントでもあります。
 
驚くべきことに、星陵祭には、進学相談用のブースが設けられています。
 
ここでは、受験の悩みや、日比谷高校を志望する上で気になることを、直接日比谷高校の先生に質問することができます。
 
しかも先生は丁寧に対応してくれます。来年の受験の傾向など、ポロリと漏らしてくれるかもしれません。行かなきゃ損です!
 
また、日比谷高校の生徒に直接話を聞くのもおすすめです。
 
見知らぬ高校生に話しかけるのは少々抵抗があるかもしれませんが、日比谷高校の生徒は基本的にみんな優しく受け答えしてくれます。
 
なぜなら、自分が通う学校について興味を持ってもらえたら、悪い気はしないからです。
 
そうでなくても、邪険に扱われることはまずありませんので、積極的に声をかけてみてください!志望動機や、受験する時の内申点など、そこでしか聞けない話がたくさん聞けると思います。
 
また、もしあなたが日比谷高校の推薦入試を受けるつもりなら、生徒を捕まえて、
 
「推薦入試を受けたいと思っていて、推薦合格者の方に話を聞きたいので紹介してください。」
 
といったように言えば、推薦合格者から話を聞くことができるでしょう。都立高校の推薦について、情報を得られる機会は珍しいですから、ここもやはり聞かなきゃ損です!
 
また、校舎の綺麗さ、設備の充実度などもチェックするといいでしょう。
 
日比谷高校の内部に入れる機会は限られています。3年間使う校舎が綺麗かどうかは、学校を選ぶ上で大事な要因になりますからね。
 
見て欲しいのは、主に2点。
 
理科室や図書館といった、勉強に使う設備の充実度と、体育館やトイレなど、生活で使う施設の充実度です。
 
これらがきれいで充実していれば、学校生活を送る上で困ることはないでしょう。個人的には、日比谷高校はどちらも非常に充実していたと感じています。三年間のうちで、不便に感じることはありませんでした。
 

まとめ

2018年度版、星陵祭を100倍楽しむための情報をお届けしました!

卒業生の僕からすると、星陵祭はやってる側も、来場者も楽しめる、活気あふれる文化祭です!

当日に生徒に声をかけることで、ここに載ってないような情報も知ることができます。ぜひ、星陵祭に足を運んでみてください!

 

 

家庭教師、はじめました。

当サイト「東大生のやってみた」の管理人が家庭教師を承ります。
サイトでは公開していない東大受験で培ったノウハウ、暗記術、センター対策などもお教えします。
詳しくはこちら