未分類

授業料免除の特待を受けられる塾はどこなのか調べた。

授業料免除を行なっている塾は?

東進ハイスクール

駿台

の二つだと考えられます。(他にもあるのかもしれませんが、僕が把握している限りでは、少なくともこの二社が特待制度を取り入れています。ただし駿台は公に特待制度を発表していません。)

東進ハイスクールの仕組み

東進ハイスクールには大きく分けて、東大特進コースと普通のコースがあります。

(東進衛星予備校はフランチャイズされたものなので運営してるのは別です。特待も受けられるかどうかは校舎によるので、その場合は直接問い合わせるしかありません。)

東大特進コースは、模試の成績を示すことで特待を受けられ、授業料無料で授業を受講することができます。

また、これは東進の普通のコースでよくやってる、「無料で授業に招待する」キャンペーンとは別であることに注意しなければいけません。

東進の場合、どれくらいの成績をとったら幾つのコースが無料になるのか、公式に発表があるので、それをみて応募すれば良いでしょう。

参考:https://toshin.wiki.fc2.com/wiki/概要

また、東大特進コースと普通の東進の塾は別物であるので、東大特進コースを特待で受けられるようになったからといって、普通の東進の自習室が使えるようになるわけではありません。使えるのは、東大特進コース専用の校舎の自習室のみであることに注意です。

駿台の場合

そして、非公式ながらも特待制度を行なっているのが駿台です。駿台が主催している模試で、全国で150番目くらいの順位をとると、直接家に電話がかかってきます。また、それとともに郵送が届き、一講座無料で受講できる案内が届きます。案内を電話や郵送を使ってしていることから察するに、模試の時に住所や電話番号を書く欄も埋めなければ案内は来ないということなのかもしれません。

駿台の場合、他の生徒と全く同じ待遇が受けられるため、駿台の自習室も使い放題だし、置いてある赤本も閲覧できるし、駿台主催の模試は無料で受けることができます。

つまり、たとえ駿台の授業に興味がなかったとしても、駿台からのオファーは受けた方がお得だといえそうです。

また、東進の東大特進コースは、一度特待の認定を受けたらずっと特待でいられますが、駿台のほうはそうはいきません。一年に一回、認定のようなものがあって、その認定を通過すれば次の年も継続して特待を受けることができるようです。認定があると言っても、試験のようなものがあるわけではありません。詳しいことは公表されていないため、審査基準などはわかりませんが、おそらく模試の成績を見て決めているのだと思われます。そのため、受講者からしたら、特待が受けてから次の年度に、特待が継続できるか受付の人に聞けば、後日返事をくれるというだけで、実質の負担はないことになります。

家庭教師、はじめました。

当サイト「東大生のやってみた」の管理人が家庭教師を承ります。
サイトでは公開していない東大受験で培ったノウハウ、暗記術、センター対策などもお教えします。
詳しくはこちら